音楽(ボーカル・コーラス)

Jazz Vocal MIZUHO

MIZUHO 

MIZUHO

人生初のフェイバリットアーティストはジェイムス・ブラウン。J.B.を歌い踊る3歳のMizuhoはやがてR&B、ビートルズ、ジャズなどの音楽に深く親しみ、自らの歌の世界を
広げて行く。

1998年より箭原顕に師事し、2000年、ボストンのバークリー音楽大学ジャズ・ヴォーカル科へ留学。その卓越したジャズフィーリングと深い情感をたたえた表現力を認められる。2006年、2度目のバークリー留学時にボストンでファーストアルバムを制作し、ソロ活動を開始する。2007年には東京や横浜などのジャズ祭で次々と受賞。以後、数々のステージに立ち、クリスタルのように爽やかで力強い生命力を持つ歌声はジャズというジャンルを超えて多くの聴衆を魅了している。

2008年、2010年の2度に渡り世界的トランぺッター、タイガー大越氏をプロデューサーに迎え、ボストンでアルバムを制作、音楽専門紙で絶賛される。また、ジャズやラテンなど楽曲のグルーヴを損なわない日本語詩もMizuhoの選ぶ言葉のセンスが注目されている。北海道を愛し、そこに住むMizuhoは、彼女の周りにある偉大な自然に多くの影響を受け、その大きな自然の一部であると感じている。

美しい自然のエッセンスが、Mizuhoの独特な声に反映していることは、いうまでもないだろう。現在、札幌を中心に、東京・横浜など全国各地でコンサート活動を行うほか、ラジオ番組のパーソナリティー、ママと子供のためのジャズ・ライブや音楽とコラボレートした読み聞かせ会など幅広い活動を行っている。

紹介映像

 

子育てママを応援するママのためのジャズコンサート

MIZUHO 

子育てママを応援するママのためのジャズコンサート

2児の母「MIZUHO」から子育て中のママ達に送る応援歌!

紹介映像